MENU

売却と購入のタイミングはどうしたらいい?

家を売却して買い替えを検討しているという場合、重要になってくるのはタイミングです。
今住んでいる家を売る時期と、新居の購入時期をどう調整していくかがポイントとなってきます。

 

「売り」を先行させるか、それとも「買い」を先行させるか、それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらを理解の上、自分の場合には何を優先させたいかを考えてタイミングを考える必要があります。

 

売りが先行の場合

今住んでいる家の売却が先行するという場合のメリット・デメリットは次のとおりになります。

 

メリット

  • 売却価格が先に決定するため新居の資金計画が立てやすく無理がない
  • 売り急ぐ必要がないので安売りしなくていい、高値で売却できる可能性も

 

デメリット

  • 引き渡しまでに新居を購入しなければ、となりゆっくり選べない
  • 引き渡し日までに新居が決まってない場合は一時的に賃貸などの仮住まいが必要

 

売りが先行するという場合には売却価格がはっきりしてから次の新居について考えられますので、全体的に無理のない資金計画を組むことができます

 

住宅ローンが残っている場合には特に資金計画が大切となりますので、売り先行のケースが多いです。

 

しかし、売り先行の場合には自宅の引き渡しのタイミングと新居購入のタイミングが合っていなければ一時的に仮住まいをする必要が出てきます。

 

仮住まいになれば引越し費用や敷金・礼金などもかかるわけで、なんだかんだで100万円程度の出費となる可能性もあります。タイミングが合っていれば新居購入の資金として使えたはずのお金です。

 

 

しかしだからといって急いで新しい家を選んでしまいますと、のちのち後悔することも考えられます。不動産は高い買い物ですから、後悔のないようにしたいですよね。

 

売りを先行する場合には、仮住まいとなることも前提として、納得のいく売却・新居購入ができるよう資金計画を組むのも一つの手と言えます。

 

買いが先行の場合

新しい家の購入が先行するという場合のメリット・デメリットは次のとおりになります。

 

メリット

  • 住み替えのタイミングを考える必要がなくじっくり希望の物件を選ぶことができる
  • 「売却後に住むところがない」、という心配がいらない

 

デメリット

  • 新居への入居までに売却しなければならないため、売り急ぎで安売りしなければならないことも
  • 売却がうまくいかない場合にはせっかく決めた新居を諦めなくてはならないことも
  • 今住んでいる家と新居との二重ローンになる可能性がある

 

買い先行の場合にはなんといっても気に入った物件が見つかるまでじっくり選ぶことができるのがメリットです。住み替えの家もすでに決まってますから仮住まいの心配もありません。

 

ただし購入に時間をかけられる分、新居に入居するまでに自宅を売却しなければならず、売却にかけられる時間に制約が出てきます。売り急ぎのため安売りしなくてはならないこともままあり、もともと立てていた資金計画に狂いが生じることもあります。

 

住宅ローンがすでに完済している方や残債が少ない方の場合にはそれほど問題ありませんが、まだまだ住宅ローンが残っていて売却代金をローンの返済と新居の頭金に考えているなどという場合には、買い先行にしてしまいますと資金計画に不安がありますので注意しましょう。

 

買い替えの際に焦りは禁物!

家を希望条件で売却すること、理想の新居を見つけること、どちらも家の買い替えの際には重要なことです。なかなか全てが思い通りにいくことは難しいかと思いますが、家の購入というのは人生で最も大きな買い物です。それを、タイミングだからといって慌てて選んでしまいますと、何年、何十年と住み続けるうちに後悔してしまうことになりかねません。

 

買い替えの際には焦りは禁物です。
どちらを先行するにしても、本当に気に入った物件を選んだと自分が思えること、納得できることが最も大切です。